不動産取引に関わる分野

当事務所では不動産取引に関わる分野のご相談を取り扱っております。

賃貸借契約に関わる取扱事例

建物明渡し、未払賃料請求、敷金・保証金返還請求、原状回復に関する紛争、賃借権の譲渡、騒音トラブル、賃貸借契約書の作成・チェック等の取扱があります。

商業施設における歩合型等の複雑な賃貸借契約書の作成等にも対応しております。

家賃滞納を理由とする建物明渡については、リーズナブルな料金体系を用意しています。

請負、建築瑕疵に関わる取扱事例

請負代金請求、請負契約関係の解消、元請・下請間のトラブル、請負契約の受発注に関わるトラブル、建築瑕疵の瑕疵修補・損害賠償請求等の取扱があります。

建物建築の請負契約の内容は流動的なところがあり、契約の成立・不成立のところから争いが生じる可能性が高い分野です。早期のご相談をおすすめいたします。

不動産売買に関わる取扱事例

不動産売買契約書の作成・チェック、不動産コンサルティング契約書の作成・チェック、瑕疵修補・損害賠償請求、売買代金請求等の取扱があります。

料金  (税別)

相談料 初回60分、1万円    ※2回目以降は60分3万円
各種交渉、訴訟代理 各種紛争手続代理の料金をご参照ください。
建物明渡(貸主側) 家賃滞納を理由とする明渡請求
着手金:10万円
※未払家賃請求を併せてする場合は+10万円
報酬金:15万円+回収家賃の20%

家賃滞納以外の理由による明渡請求
個別にお見積りいたします。

備考 案件をご依頼いただいた場合は、初回の相談料は案件の費用に充当します。
名古屋市外の裁判所を利用する場合や出張が必要な場合は、別途日当と交通費が必要になります。
弁護士費用のほかに別途、印紙、郵便料、執行費用等の実費が必要になります。

お気軽にお問い合わせください。受付時間は平日の午前9時0分から午後18時00分迄です。

お問い合わせフォームの相談は24時間受付中です。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。